HOME > 企業情報 > ごあいさつ

ごあいさつ

「安全」最優先で
「より良い会社で、より強い会社」を目指します。

代表取締役社長 日置洋平

代表取締役社長

日置洋平

 

中日本ハイウェイ・メンテナンス東名株式会社は、1963年に日本で最初の高速道路である名神高速道路のメンテナンスを行う会社として産声を上げ、その後東名高速道路へ展開するなど様々な変遷を経た後、2007年にNEXCO中日本グループの一員として発足した会社です。

 

 日本の高速道路の黎明期から培った高速道路の補修、清掃、雪氷作業、災害対応、事故復旧、交通規制等の維持管理に関する技術やノウハウは、日本の大動脈である東名、新東名、圏央道、小田原厚木道路等の今日の安全、安心に繋がっています。

 

 私たちは、この大動脈を常に良好な状態に維持し、お客さまに安全にご利用いただくことを何よりも優先するとともに、安心と快適さを感じていただける高速道路を提供するという大きな使命を担っています。

 

 半世紀に亘り培った技術力と現場力に最先端の技術を加え、強い使命感をもって、NEXCO中日本グループ各社と一体となって、高速道路の人の流れ、物の流れを24時間、365日支えるとともに、高速道路を通じて、地域の発展に寄与し日本経済の活性化に貢献していくため、社員一丸となって「より良い会社でより強い会社」を目指して努力してまいります。

このページのTOPへ