私たちについて

中日本ハイウェイ・メンテナンス東名株式会社とは

1963年6月に名神高速道路のメンテナンス会社として設立し、2007年11月にNEXCO中日本グループの一員となり、今年度で11年目を迎えます。
 本社を神奈川県の新横浜に構え、7事業所(横浜、小田原、御殿場、富士、静岡、浜松、袋井)で、安全・快適な高速道路を皆さまにご提供できるよう24時間365日体制で高速道路の人の流れ、物の流れを支えています。

東京都から神奈川県、静岡県を経由し、愛知県へつながる東名/新東名高速道路(443.9㎞)、神奈川県内の一般有料道路 新湘南バイパス、圏央道及び西湘バイパス(85.2㎞)の総延長529.1㎞を事業区間とし、補修、清掃、植栽、交通事故や災害などの緊急対応の維持修繕作業のマネジメントを行っています。
 また、維持修繕作業を安全かつ効率的に行うために、機器や製品の技術開発にも取り組んでいます。

有給休暇以外の特別休暇制度や特定資格保有者への資格手当制度、従業員の交流を深める場となるクラブ活動支援などの福利厚生や、研修制度の充実を図り、従業員に対してもより良い会社であることを目指しています。

会社基本情報

商号 中日本ハイウェイ・メンテナンス東名株式会社
代表者 日置 洋平
本社所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-12
発足年月日 2007年11月26日
資本金 3000万円
役職員数 139名
主な事業
  1. 高速道路・一般有料道路の維持修繕業務
  2. 休憩施設の環境美化業務
  3. 警備業法に基づく警備業
  4. 道路の維持管理に関する資機材の開発及び販売
主な許可事業
  1. 建設業許可:平成30年5月29日
    国土交通大臣許可(特-30)第22676号
  2. 警備業許可:平成29年7月16日
    静岡県公安委員会第49000166号
  3. 産業廃棄物収集運搬:東京都、神奈川県、静岡県
  4. 一般廃棄物収集運搬:沼津市、富士市
  5. 建設コンサルタント業登録(道路部門)
事業所 横浜・小田原・御殿場・富士・静岡・浜松・袋井
(2018年07月01日現在)
中日本ハイウェイ・メンテナンス東名株式会社サイト「企業情報」へ